FC2ブログ

腹話術師が表現で意外に出来ていないこと

「ありえない声」はどうなったよ?
(^_^;)うーん、声の話はまた後日ということで(笑)

とりあえずメモ書きとして残しておきたい、腹話術を普通に
やるにあたっての注意事項。

「人形が喋っている間の術者のリアクションが凍っている」
口が動かないように、しかも声色を変えて、予定通りの
セリフを使って人形も生き生きと操作しつつ・・・
いっぱいいっぱいになるので、術者の動きが固まって
しまうのです。

こうなると、人形の喋るシーンと術者の喋るシーンが
コマで割れてしまっていて連続感がなくなるんですね。
「ある意味で衛星中継」(汗)

おそらく台本にも人形の事しか書いていないのでしょう。
人形が喋っている間の術者のリアクションが豊かだと
それぞれが別人に見えるので不思議さが増すのです。
「口が動かないかどうか」だけじゃないんですね。

人形が喋っている間の術者のリアクションをちゃんと設定して
おくべきです。
割と簡単に参考に出来るのが「漫才」の聞き手側の人の
動きです。
人形を終始見つめながら聞いているのは違和感があります。
喋り手の方も見つつ、話しを理解しながら聞いている仕草って
どんな感じでしょうか。

ただ、喋りのテンポも考えると難しい部分もあります。

一つのパターンとして使える技があります。
「術者の次の動きをフライングで入れる」
人形がもう少しで喋り終えるあたりで人間が次の喋りで
行うべきアクションを少しだけフェードインさせるのです。
術者の次の動きが「ビックリしたわ」だった場合、ちょっと前から
顔だけビックリの表情にしてゆくのです。


腹話術って、奥が深いですね
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

magicsocca55

Author:magicsocca55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる