FC2ブログ

「ありえない声」

ブログ久しぶりだねぇ
ディープなネタキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

(本記事は体験記になります、技術的ヒントは別の記事に
掲載の予定です)

「出来そうにないこと」シリーズ選定の理由:
自分には未だ未発掘の「才能」があるんじゃないか?
生誕40年を機に「自分の能力の見直し」をやろうじゃないかと。
なんか、陰キャラが思いつきそうなダッサイ理由ですなぁ。
(||´д`)oトホホ

その中の候補の一つが「ありえない声」
目の前でその声を出すと人々が混乱を起こすような声というか、
声だけなら全く別人を装える声の事ですね。

「地獄からの声」「赤ちゃんの声」「動物の声」
人々が聞いて何が一番ギャップのある声なのか?
これは「女の声」を装う事じゃないかと・・・。
ただこれは・・・
ちょっとフツーは触れてはいけない話題のような(汗)
・・・キモい通り越してちょっと痛いぞ?
丸っきり「陰キャラ」らしいテーマ選定!!

やるんかー!!(lll゚Д゚)ノぁぅぁぅ

まあ・・・これは例えばさ、カッコイイスポーツみたいに
みんなが憧れている分野って、それこそ習得に関する
情報は揃っているかも知れんが、フツーだよね?
人々がタブーだと思っている分野こそ、開拓の余地が
あるのでは?・・・とまぁ

(lll゚Д゚)ノぁぅぁぅ

「女声とはなんぞ」:
・・・ネットで調べてかなり衝撃を受けましたね。
とんでもなく高音が伸びる人々のオンパレード!!
特異体質?天才?!
高いのに、男の高音じゃねーぞ?!
「まさに今そこにある奇跡」だと思いましたよ。
ナニコレですよ!!
スーパーテクニックに、期待は高まります!!

まあとりあえず
挑戦しようということで、情報集めから始めたのですが、
なんせ初めての事ばかりで、言葉の意味も分かりませんです。
「女声」っていうんですね。
その、コーラスとかで女性が歌う「女声」とは別の意味になっている。

声に関しては「年に一度くらいカラオケに行く」程度の才能ですよ!?
でもニコニコ動画とかで本当にありえない声の変貌を遂げている様を
見るに従い「自分にもどこか秘密の声の番地があるのではないか?」
そう思うようになります。

声のトレーニングってわりと基本的な部分で「裏声を出す」ってのから
始めたりします。
しかし、裏声を出す段階でもはや羞恥心満載。
「コレ出さなきゃいけないの?」

いい年齢したオッサンですよ!!
・・・不可能性としては絶好のテーマだが、これはムリかな?とも
思いましたよ。
2018年の現在でこそ下火になっていますが、当時はまだ
「見込みの無さげな人」もいくらかはリアルタイムでチャレンジして
いる人がいました。

・・・なんかね、そういう人々を見ていても
「彼らと自分はなんか違うな」ってのがありました。
「コレ、俺には無理なんじゃね?」

裏声をどんなに絞り上げても「某国のネズミ」の声にしかなりません。
どういう仕掛けなのか?必死で考えましたよ、でも分かりません。
明確なメソッドもなく( ̄ヘ ̄)頑張るほどに
「ナカジマくん」「しんのすけ」とか、
色んな変声が大量生産されただけなのでした。
声は「目に見えない」ゆえ、具体的な所作で変えることが出来ない
ですから(涙)。

ただ、声を操るに当たって「高い声」は必要であること、高い声を扱うに
あたって「ミックスボイス」が重要なキーワードであり、どうやらそれが
目下の「難関たる課題」ではないか?

で、
恥ずかしいし、お金もかけられない理由から自主トレーニングで高い
声の習得に当たるワケですよー。
でもダメですわ、発声の何たるも知らない自分だけでの練習は。
すでに
「何がダメで、何がうまくいっているのかすら分からない」
そもそも今までの人生でそこまで声や音に関して本気で考えたことも
理解しようとしたことも無かった!いうことです。

例えば高い声で歌うことの出来る歌手についても、
「もともと彼の声は高い体質の人」なんだとか、カラオケで歌っていても
平気でオク下(1オクターブ下げて歌うこと)やっていました。
裏声で何か出来ないかと考えたこともありましたが、素の状態で男性の
裏声って出せても2,3音しかないから使えねーな、みたいな。
その程度なのよ自分の知っている「声の常識」は

「ボイストレーニング」:
それをね、そんなオッサンが変に教材や専門用語に踊らされて半年
くらいは練習しましたかね。180時間相当ですよ(||´д`)o
で、半年もトレーニングしたし、これで何かが出来たとも思いましたよ。
不思議なもので、男性の声でも少しピッチを上げて小声で喋ると女の
声のように聞こえなくもないんですよね。
そこで
調子づいて試しに2ちゃんねるなどに声を掲載するのですが、これが
惨憺たるもので、まともな評価をもらったことはただの一度ない有様で。
「キモいオッサンの成れの果て」

・・・今思えば「情報弱者」ですよ。
他人がどうやってその声を出しているかも分からないし、自分が
何でこの声になってしまうのかも分からない。
どんな声であれ「女性の声」となればどれ一つとて出すことが出来な
かったのです。

音と声の世界は、自分の想像以上にマニアックな連中がいて、
ネット上には関連のマニアがたむろすワケでして、そいつらから称賛を
得るというのはそもそも無理な話なワケですよ。
お疲れさんorz

「そもそも、何をしたかったの?」:
確かに声が別人だと面白いと言えばそうなんですが、それって
何に使うためよ?
褒めてもらうのが目的??( ゚Д゚)ハァ?
そもそも、女の声って誰の声設定なんだよ?
「アニメとか声優とか、興味あったワケじゃなかったしなー」
( ^ω^)・・・
「サンクスコスト」って言うんですか?
これだけ金と時間を投資したからにはもうやめられないなという
人生を棒に振った人の話題が出ますよねー
墓標が必要だなコリャ

そんなある日「君に声の出し方を教えてあげよう」という人が
現れたのです。
この人はその界隈では割と有名な雰囲気だったようですけど、
なんか良くわからなかったですね。
スカイプで、10時間×2びっちり教わりましたが、ひたすら喉に
力を入れるばかりで全身汗まみれ。
20時間の間に声に関するトリビアっぽい情報を色々教わって
その部分は勉強になりました。が、今の段階では何度受けても
彼の教える声は習得出来そうにありませんでした。

「超えてはならない一線へ」:
女の声を習得するとなれば、実際に必要に迫られて声の習得を
するニューハーフの方々の情報も調べるようになりまして、
そういう界隈の情報ばかり気にしていると感覚もおかしくなって
きます。

その中で、声は手術で高くすることも出来るという情報もあって。
いくらかのトランスジェンダーの方々の体験がネットには掲載されて
います。

・・・いっそ自分もこの一線を越えて!!!
♪チャララ!!
(。´・ω・)?
(。´・ω・)?

「ぉぃぉぃいい加減、やめようぜ」(。・д・)
意味が無ぇ!
意味が無え!

これってさ、すでに元々のテーマである
「元来自分が持ち合わせていた潜在能力の発動」
ではなくなっている。
てか、早く気づけよ(´・ω・`)ショホ

( ^ω^)・・・
もう少し平和的に問題を解決しようじゃないか(´・ω・`)
まずはこの声が「完成していない」として、未完成であっても
使い道はないだろうか?
完成したとしても、使い道が無ければ意味がない。
使わない包丁を夜な夜な研いでいるババアと同じだ。

そこで候補に挙がったのが「腹話術」だったワケだ。
しかし当初は、あまり気乗りでは無かった。
「オカマ声の変態オヤジ」も存分にみっともないが
「お人形ごっこのオジサン」も実に微妙だ。
そもそも、腹話術は見るからに奥が深そうだ。
声色だけの問題ではなくなる。

「腹話術師そっかさん」:
もともとやっていた趣味のマジックの関係で、パペットは
すでに演技で使っていました。
そこに今度は「人形が独自の声で喋る」要素を乗せる
だけです。
今まで通り声には全力で女声要素をぶっ込みますが、
パペットは男の子の設定です。

この方向転換は正解でした。
口を動かせないという条件が加わったのでハードルは
上がりましたが、声の音色が存分に切れ味を発動した時
「今の声は本当に君なのか?」と評価をもらうようになった!
そして、人前で見せるという口実が発生したことで、
実際の声の実力も上がってゆきました。

あ、でも「女声」はムリよ(゚д゚)

現在は「本格的な腹話術人形」も使っています。
いきなり人形と同時スタートの他の男性腹話術師と比較して
声に関して数年の経験値の違い、これは大きいです。
スポンサーサイト



「普通の人に出来そうにないこと」について

世の中には「専門技術」という言葉がある。

世の中「全てが平均で普通の人」なんて一人もいないワケで、誰でも何らかの得意分野や専門分野がある。

このコーナーでは自分が経験した「そういう分野に興味がある、才能がある人って希だよね」みたいな分野を中心に紹介して、ある程度それらのやり方まで考えてゆきたい。
どちらかというと「オタク」「カルト」っぽい分野まで突っ込みたい。

しょーもないネタでもいい
例えば「鼻の筋肉だけトレーニングして鼻だけを動かせる」とか、「ムーンウォークのやり方」とか、そういうヤツです。
プロフィール

magicsocca55

Author:magicsocca55
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる